このたびは「本通トータルヘルス内科クリニック」のホームページをご覧いただきありがとうございます。
平成20年5月2日に新規開業いたしましたクリニックの内容を簡単ではございますがご紹介申し上げます。
みなさまはトータルヘルスプロモーション(THP)という言葉をご存知でしょうか。これは,単なる病気の早期発見・早期治療にとどまらず,より積極的に心と身体を含めたトータルな健康を保持増進するために昭和63年に厚生労働省が示した施策です。企業などでの職員の健康管理はこのTHPをもとに実践されています。ところが近年メタボリックシンドロームに代表されるように,生活習慣病コントロールの不十分な方々が増えています。それが動脈硬化を促進させ心筋梗塞や脳卒中につながります。
人間の基本となる健康は老若男女、万人に共通の願いです。20世紀は早期発見・早期治療の時代でしたが,21世紀は予防医学の時代と言われています。生命の危機に陥るような病気自体にならないようにすることが大切で,そのために生活習慣病のコントロールが重要となるわけです。
みなさまのトータルな健康をさまざまな面からサポートしたいと考え,「本通トータルヘルス内科クリニック」を開業いたしました。微力ながら広島の地域医療に尽力していきたいと考えております。ご支援ご指導をたまわりますようよろしくお願い申し上げます。

【院長】平賀 裕之

昭和58年 修道高等学校卒業、広島大学医学部入学

平成元年 広島大学医学部卒業
神戸市立中央市民病院にて研修後、広島大学医学部第一内科へ入局
広島市立舟入病院・荒木脳神経外科病院・広島大学附属病院での勤務

平成7年より中国電力㈱中電病院へ勤務(内科副部長)
循環器内科を専門とし、高血圧、糖尿病、高脂血症、狭心症など生活習慣病のほか、肺炎や胃潰瘍など内科疾患の検査治療にあたる。さらに中国電力㈱広島支社健康管理センター健康管理医を兼任し、社員の健康管理に従事。禁煙支援やメタボリックシンドローム対策で成果をあげる。

平成20年 本通トータルヘルス内科クリニックを開業

医学博士
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本禁煙学会認定禁煙専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
広島県医師会禁煙推進委員会委員
身体障害者福祉法指定医師

広島大学医学部ヨット部監督
公益財団法人広島県セーリング連盟評議員
あびの会副会長

あびの会とは正式には「セイラビリティ・ヒロシマあびの会」といい、公益財団法人広島県セーリング連盟のなかで活動しています。アクセスディンギーという小さいけれども転覆しないヨットを使い、さまざまな障がいのある方にヨットに乗っていただこうという取り組みをしています。
アクセスディンギーはずっと座ったまま操縦するので、日常車いす生活で歩くことのできない人も、ヨットの世界では健常人と全く同じでハンディキャップがありません。目の不自由な方も風を感じて海面を自由にセーリングされます。その生き生きされた姿をみると、もう最高です。障がいのある子供さんが喜ぶし、その喜んだ顔をみるご両親はもっと喜ばれます。 春から秋にかけ、毎月1回観音マリーナで活動しています。 くわしくはあびの会のホームページをご覧ください。

セイラビリティ・ヒロシマあびの会